放射線・事件現場|危険地域の無人監視|遠隔監視システム【画像伝送・映像伝送】

サイトマップ

放射線・事件現場|危険地域の無人監視

Mobile Vision System

遠隔監視システムで危険地域の無人監視を

放射能の影響が懸念され人が立ち入りしにくい原子力発電所やその周辺地域、秘匿性の保持が重要になる事件現場、交通事故が多発する現場などにおいては、無人監視システムが重要な役割を果たします。原子力発電所や交通事故多発現場では、トラブルに迅速に対応して被害拡大を防ぐため、事件現場においては速やかな犯人逮捕につなげるため、遠隔監視システムの構築が求められます。

そこで、ぜひご検討いただきたいのが、当社の遠隔監視システム「モバイルビジョンシステム(MVS)」です。MVSなら、原発や事故多発エリア、犯罪多発エリアなど人による監視は避けたい現場において、リアルタイムの無人監視体制を構築できます。

危険地域の無人監視に絶大な効果を発揮!

KEEP OUT

当社がおすすめしている遠隔監視システム「モバイルビジョンシステム(MVS)」は、以下のような特長があり、人による監視が難しく無人監視が求められる場所でもフレキシブルに活用できます。

POINT1
遅れ・乱れのない画像・映像をリアルタイムで監視できる!

モバイルビジョンシステム(MVS)は、事故現場や事件現場など、リアルタイムで画像・映像などを確認する必要がある場所において効果を発揮します。一般的な監視カメラのような画像・映像の遅れ・乱れがない高画質のグラフィックスを安定して受信できるのが特長です。

POINT2
電源がなくても導入できる!

モバイルビジョンシステム(MVS)はバッテリーを内蔵しているため、電源がなくてもシステム構築が可能です。たとえば、インフラが整備されていない山間部や僻地などにおいても電気工事不要で、すぐに利用できます。また、外部バッテリーによる運転も可能です(オプション:MVS3000)。

POINT3
高度なセキュリティー性があり情報漏洩の心配がない

モバイルビジョンシステム(MVS)は、固定IP方式により高度なセキュリティー性を実現しています。Webサーバーを配置する一般的なシステムと異なり、固定IPを基にデータ送信を行うため、高いレベルのセキュリティー性が求められる現場においても、画像・映像を傍受される心配がありません。

その他にもこんな場所におすすめです!

遠隔監視システム「モバイルビジョンシステム(MVS)」は、様々な場所・シーンで利用できます。