遠隔監視システム【画像伝送・映像伝送】

サイトマップ

ドコモ ユビキタスモジュールを使用でデータ通信制限無し!

Mobile Vision System
製品の概要を見る

どのような場所で利用可能か WiFiや回線が無くてお困り場合に活用いただけます

監視システム導入が役立つシチュエーションとは?

監視システム導入時のポイント
導入時のポイント
2つの違いを徹底検証
防犯カメラ・監視システムの違い

モバイルビジョンシステムが他社製品を凌駕する理由をご紹介

Mobile Vision System
  • ラクラク映像監視!ポインティングシステム
  • 独自圧縮で高セキュリティーの画像伝送
  • 移動中も画像停止なしの撮影動画
  • 映像伝送のトータルソリューションシステム
  • 全国各所への豊富な導入実績

遠隔監視システム「モバイルビジョンシステム(MVS)」のご案内

イメージシステムエンジニアリング

モバイルビジョンシステム(MVS)は、画像伝送・映像伝送による遠隔監視を実現するシステムです。従来の遠隔監視システムの常識をくつがえす機能性が評価され、不法投棄の防止、畑・漁場での盗難防止、空港・税関業務における取締、送迎バス・救急車での安全管理、原子力発電所や事件現場の遠隔監視など、様々なシーン・用途でご活用いただけます。民間企業だけでなく、自治体や警察・公安など、公共機関など各方面から多くのお問い合わせをいただいております。

MVSの特長

遠隔監視システム「モバイルビジョンシステム(MVS)」の主な特長としては、無線でありながら独自の圧縮技術によってハイレベルのセキュリティー性を保持している点が挙げられます。画像伝送・映像伝送を外部から傍受される心配はありません。

また、本体装置およびカメラを設置する監視場所が移動しても、スムーズな画像伝送・映像伝送が可能です。送迎バスや救急車など、移動する車内を遠隔監視したい場合に効果を発揮します。なお、画像・映像はPCのモニタなどで確認できますが、クライアントPCを移動させても監視できます(FOMA・WiMAXの対応エリアに限る)。外出先からノートPCで閲覧することもできますので、監視場所で異変・トラブルが生じた場合に、状況を確認して指示を出しながら現場に向かうことも可能です。

さらに、標準オプションとして搭載している「ポインティングシステム」を使うことで、監視するエリアを簡単に変更・調整できます。PCのマウスを操作するだけで、カメラで捉える範囲を平行・垂直に移動させたり、ズームイン・ズームアウトしたり、見たいポイントが中央に来るように調整したりすることが可能です。遠方にいながらにして、まるで自分の手でカメラを操作しているかのように、画像・映像を自由自在にコントロールできます。